祝!開通式~後編~

前日の日記の続きです。

まさか26にもなって母親同伴で病院いくとは思わなかったですよ。
でもこれは仕方の無いことなんです。いやね、病院の場所が分からないんですよ。
まあ、普通だったら親に道順を聞いてドンドコ行くわな。でもね、僕には無理。方向音痴をなめるなって話ですよ。
そこのところは親もわかってるんで一緒に着いてきてくれたわけです。

で、お昼前ぐらいに行ったんですけどそんなには混んでなかったかな?
4~5組まったあと、かなりカワイイ看護士さんによばれてウキウキと診察に入っていきましたよ。
うほっこりゃたまらん。と思ったのも一瞬。目の前には鬼みたいな顔したドクターがいた・・・。

Dr.「で?今日はどうしたの?」

僕 「あの、2年前にこちらにきたんですけど、そのときに・・・」

Dr.「(バンッ!!)馬鹿野郎!!5年たってるわ!!!」

僕 「すっ・・すみません・・。」

Dr.「3ヶ月ごとに来いっていっただろ!!!!5年もbjどぁdbmあwdkjhんd!!!」

ひいいいいいいいいいいいい!こえええええええええええええ!!!

とりあえず開始早々説教されましたわ・・・。もう泣きそう。

Dr.「とりあえずむこうの部屋で待ってなさい。」

こちらへどうぞー♪というカワイイ看護士さんに案内されベッドのある部屋へ。
おいおい、こんな部屋にカワイイ子と2人きりかよ、たまんねーな。

女 「naoさん。服、ぬいでください・・・」

n 「え?服ですか?」

女 「早く・・・先生がこないうちに・・・」

 

n 「こんなところで・・・いいんですか?」

 

女 「きて・・・」

 

n 「あ・・あゆみさん・・・(ガバッ!)」

あゆみ 「アーンッ・・・!!」

たぶんこんな感じになるだろうなあ、なんて下心と愚息をふくらませてたらですね

あゆみ 「naoさーん。ベッドに横になってズボンとパンツをおろしていただけますか?」

なんて言うんですよ!!!まじですか!?このビッチめ!ふひひw
こりゃ期待に応えねばといそいそとパンツおろしましたよ。ええ。
まあ下半身にはタオルケットかけてくれてるんで見えないんですけどね。
愚息もやる気満々ですよ。さあこいやー!って時にですね

Dr.「じゃあ前立腺のチェックするから」

なんかゴム手袋したおっさんDr.が入ってくるんですよ。前立腺チェック?何それ?

混乱するもつかの間、タオルケットはぎとられました。

ベッドに横たわる下半身丸出しの26歳 彼女募集中。横にはかわいい看護士さん(たぶん名前はあゆみ)。

何だこのプレイ??

 

Dr. 「そしたら股開いて足上げて。すぐ終わるから。力んじゃダメだよ。」

 

何かひっくり返ったカエルみたいなポーズされたと思った瞬間。

 

 

 

 

 

ぬるり。

 

 

 

きゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

アナルに!!!!!!アナルに指があああああああああああああ!!!!!!!!!

 

あゆみさんが見守る中で、おっさんにアナルを陵辱される26歳 好きな果物は桃。

 

Dr. 「はい、もういいよ。ちんこしまって。」

 

アナルプレイ終了ーーーー

 

その後もエコー検査やら血液検査やらいろいろされたけど、もう何かどうでもよかった。

あゆみさんにお疲れ様でしたー♪とかいわれてロビーまで連れてってもらったけど、何かひどいぼったくりバーから開放されたかのような、なんともいえない感じでした。

 

あゆみ 「naoさーん。お会計6500円になりますねー。」

 

おいおい!3割負担でこの金額かよ!アナルプレイって高いんだなー・・・。

6500円の領収書をにぎりしめ、ますますぼったくられた気分で病院を後にするのでした。

 

その夜、枕を濡らしたことは言うまでもありません。

この世に生を受け、26年と10ヶ月。アナルの開通式は滞りなく終了しました。

 

END(いろんな意味で)

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    こた (土曜日, 17 9月 2011 23:37)

    実はnaoさん程ではないけど、ボクも風俗で
    似たような経験を・・・

  • #2

    nao (火曜日, 20 9月 2011 20:50)

    >こたさん

    ちょwこたさんまでカミングアウトw
    プレイ内容がすごく気になります・・・(゚A゚;)ゴクリ

What's New